Twitter
Facebook

大会について

開催趣旨

 「淀川寛平マラソン2022」を2022年3月6日(日)、淀川河川公園および淀川河川敷で開催します。本大会は2013年、吉本興業創業100周年・産経新聞創刊80周年の記念事業として始まりました。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で初のオンライン大会を実施しましたが、今回はオンラインからリアルへ復活いたしました。リアル大会としては今回で8回目。前回は日本全国から約1万3000人のランナーが集まり、吉本タレント約200人とともに大会を楽しんでいただきました。しかし、現在は大規模な人数での開催が厳しい状況が続いています。また、これからの大会は主催者の努力だけでは運営できません。ランナーの皆さんとともに作り上げていく大会になります。たくさんの制約がありますが、それでも走りたいというランナーの皆さんの意気に応え、種目と定員、会場やコース設備を縮小して開催します。

 第8回の開催についても、大阪の〝母なる川〟と呼ばれる淀川で、ランニングはもちろん、お笑いをふんだんに盛り込んだ楽しさ満点の参加する全ての人が笑顔になれる大会を目指します。

 コースとなる淀川河川公園は、大阪という都会にありながら豊かな自然と水の恵みにあふれる国営公園です。中でも広大な広場を有する枚方地区を発着点とする淀川左岸に特設コースを設定。男女ハーフマラソン、男女10キロ、キッズラン(小学生のみ。抽選で無料招待)を実施、合計3,300人の参加者を募集します。

 間寛平さんは2011年、がんの治療を続けながら766日間4万1040キロに及ぶ地球1周の「アースマラソン」を自らの足とヨットで“完走”。さらに、翌2012年より岩手県から福島県に至る東日本大震災被災地をめぐる460キロあまりの「RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン」において、他のよしもと芸人とともに多くの被災者を励まし続けています。

 本大会ではその意思を受け継ぎ、第1回より継続している「東日本大震災」、そして前回のオンライン大会同様「新型コロナウイルス感染症対策事業」を支援するため、大会参加料のうち1人あたり100円を支援に充てるチャリティーレースとしても開催いたします。

開催概要

名称
淀川寛平マラソン2022
~東日本大震災被災地支援・新型コロナウイルス感染症対策事業支援~
開催日
2022年3月6日(日)=雨天決行(荒天中止)
場所
大阪・淀川河川公園特設コース=淀川左岸・枚方地区発着
メーン会場=淀川スタジアム
主催
吉本興業、産経新聞社、サンケイスポーツ、淀川河川公園
特別協賛
フジパン
後援予定
国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所、大阪府、枚方市、枚方市教育委員会
審判協力
大阪陸上競技協会
競技種目
種目 参加料(税込み) スタート時刻 制限時間 年齢制限
ハーフマラソン 5,800円
9:00 3時間 16歳以上
Tシャツ付ハーフ 8,300円 9:00 3時間 16歳以上
10キロ 4,500円 13:00 1時間30分 16歳以上
Tシャツ付10キロ 7,000円 13:00 1時間30分 16歳以上
キッズラン 抽選による無料招待 12:00 なし 小学1~6年生
※ウェーブスタート方式によるスタート
※ハーフマラソン、10キロは完走者全員の記録と順位をチップで計測
※記録はネットタイム方式による順位付け(翌日大会公式サイトに掲載)
※ハーフマラソンと10キロは男女別に上位3人に賞品を後日送付
※キッズランは3カテゴリー(1~2年生・3~4年生・5~6年生)に分け、約1.2キロを走破。各カテゴリーを20人程度(任意。男女混合)でブロック分けし、ウェーブスタート。各ブロック1位に賞品授与(合計15個)。着順判定は目視。
募集
  • ハーフマラソン 2,000人 午前
  • 10キロ 1000人 午後
  • キッズラン 300人 昼
※各種目1人同伴者を淀川スタジアム内に入場可
※ナンバーカード、入場パスのない方はスタジアム内入場禁止
締め切り
1月19日(水)、Tシャツ付きエントリーは12月24日(金)
寄付
参加料のうち1人100円をチャリティー基金として東日本大震災被災地支援、新型コロナウイルス感染症対策事業支援に充てる
エントリー
ハーフマラソンと10キロは、インターネットエントリーサイトで申し込み受け付け(じょいすぽ‼、RUNNETほか)
キッズランは小学生のみ抽選で招待。大会公式サイトの応募フォームに①こどもの氏名②こどもの氏名のふりがな③こどもの学年➃郵便番号➄住所➅保護者の携帯電話番号➆保護者のメールアドレス⑧保護者の氏名、以上8点を明記。締め切りは1月19日(水)。ただし、ハーフマラソンと10キロは定員になり次第締め切り
じょいすぽ!! RUNNET
キッズランのエントリーはこちら
資格

健康な人なら誰でも参加可能。ただし、ハーフマラソンは16歳以上で3時間以内、10キロは16歳以上で1時間30分以内に完走可能な人。さらに、下記事項にご協力または承諾いただける人に限る。

  1. ナンバーカード(ゼッケン)や計測チップは事前送付。当日受付なし
  2. 簡易更衣室の必要最低限の利用
    更衣を必要としない服装での来場を推奨
    タオルやウェットティッシュなどを持参し脱着をできるだけ簡潔に
  3. 自主管理手荷物置場の必要最低限の利用
    ランニングバッグ等を使用し、自身で荷物を付帯することを推奨
  4. 【体調管理チェックシート】を事前に記入し、大会当日に提出
    体調管理チェックシートを含めた選手全員の個人情報を大会終了後
    1カ月保管。保健機関などから提出求められた場合は、上記個人情報を提供
  5. 競技中以外はマスクや代替物を着用
    競技スタート直前までマスク等を着用し、その場に捨てない
    フィニッシュ後には必ずマスク等を着用する
  6. 整列スタートの順守
    スタート地点では前後左右1mの間隔をあけて整列。ウェーブスタートの可能性あり
  7. 記録
    計測はネットタイムのため、当日の順位発表、表彰はなし
    順位・記録の発表は翌日以降サンスポマラソンドットコム(sanspo-marathon.com)で発表し、記録証(完走証)も同サイトでダウンロード可能
  8. 大会メーン会場の淀川スタジアムにはランナーとその同伴者1名のみ入場可能。入場の際はナンバーカード、入場パスの掲示が必要。
    大声での応援やハイタッチなどは控える。
    使用済マスクやゴミは必ず持ち帰る。
表彰
ハーフマラソン、10キロは、ネットタイムによる順位付けで1~3位に賞品を後日郵送します
記録
計測チップ装着によりハーフマラソン、10キロの完走者全員の記録と順位を後日、サンスポマラソンドットコム(sanspo-marathon.com)に掲載します。キッズランは各ブロックの1位のみ目視判定します。また、記録証は同サイトからダウンロードすることができます
参加賞
コロナ対策に充てるため参加記念品はありません
受付
3密を避けるため、当日受付はありません。2月20日頃にゼッケン、体 調チェックシート、計測チップ等を送付します
注意
<大会実施の条件>
➀大会の募集締め切り時、大会開催当日に開催府県が緊急事態宣言下でないこと
②大会の募集締め切り時、大会開催当日に開催府県の感染状況を示す数値が基準を下回っていること
  • 大阪府の新型コロナウイルスへの警戒指標(修正・大阪モデル)のモニタリング指標が下記の基準数値に近付きつつあること
  • 直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数(15人未満)
  • 病床使用率(7日連続で50%未満)
  • 患者受入重症病床使用率(7日連続で60%未満)
※指標が変更された際は、その指標に沿って基準を見直す場合があります
新型コロナウイルスの影響による大会中止、または申込締め切り時に最小催行人数(全種目合計1,700人)に満たない場合は、事務手数料とそれまでの大会経費を差し引いた参加料を返金します
大会事務局
サンスポマラソンクラブ内「淀川寛平マラソン」係
電話06-6191-6102